コンテナをレンタルすることによるメリットとは

個人の家庭でコンテナをレンタルしなくては行けない場面は大きく分けて3つあります。一番多いのが、家の改築、海外赴任、家を賃貸に出すなど、今ある家財道具を一時的に家から出す場合です。
二番目が趣味の品です。いつも使う訳ではないので家の中に置いておく必要はないのですが、処分することはできない品々です。キャンプ用品、バイク、大量の書籍など、家に置いておくには大きすぎるものを保管します。三番目は子供の成長に伴い、不要になったが、使うかもしれないものを保管しておきたい場合です。ベビーベッドや三輪車、子供用の自転車等、処分する決断が付かない品物を保管しておくことも大きな理由の一つです。これらと共に記念として取っておきたい品物を保管したい場合もあります。

コンテナのレンタルを選ぶ時に考えておく事

コンテナのレンタルの選び方で重要なのは
1. 必要としているサイズはどの程度なのか、最初から大きいものを選ぶのではなく、小ぶりなものから始め、次第にその用途に応じて変更していくというやり方もあります。
2.自分で出し入れするのか、その業者に任すのか、業者に任せるとなると保管物の選別ができるようなラベリングや、管理を自分で行う必要があります。このために個人用では、自分で出し入れする方式を採用することが多いです。
3.自分で出し入れする場合なら、時間、回数などに制限があるのか、特に小規模なレンタルの場合、使用時間が限られることがあります。
4.立地場所の安全性をどの程度考えるのか、海の近く、川の近くは浸水の恐れがあります
その次に価格はどの程度を見込むのかを考えます。それにより業者が異なります。

レンタルコンテナを使って不用品の廃棄を

当たり前のことですが、レンタルにはコストが掛かります。毎月数千円から数万円まで支払う必要があります。このコストが妥当なものなのかを考え直す良い機会でもあります。保管しているものがどの程度自分の人生に必要なのか、それはそのコストに見合うだけのものなのかを考え直す必要があります。引っ越しなどの一時的な保管なら、ある時期が来れば、契約を終え、コストは無くなります。しかしそうでない場合には、最悪の場合死ぬまで素コストを支払わなければなりません。月々では、少額かもしれませんが、累積するとかなりの高額になります。少なくとも一年に一度は、保管しているものを見直し、一度も使用しなかったものについては、廃棄をオススメします。三年使わなかったものは、ほぼすべてがゴミです。不用品の廃棄を行うにもレンタルコンテナが有用です。